2006年03月14日

混雑した電車に少しでも早く乗り込む方法

仕事で疲れた時くらい、電車では座りたいですよね。
でも帰宅時のラッシュで、電車は混雑していて、なかなか座ることはできません。
しかしこのことを頭に入れておけば、電車で座れる確率が少しは上がると思います。
混雑した電車がホームに止まったとき、まずは乗客がドアが開いた瞬間から次々とホームに降りてくることがあると思います。
こういうときに他の人たちより少しでも早く電車内に入れれば、座れる確率が上がる訳です。
実は、ちょっと頭を使うだけで、少し早めに電車に乗ることができるのです。
重要となるのは、ホームにある階段の位置です。
電車が到着した場合、人の流れは階段方向に流れます。
例えば、あなたがホームに2列で並んでいるときに、2列のうちの左側に立つか、それとも右側に立つか。
もちろんできるだけ前に並べるのが理想ではありますが、左右どちらでもいい場合は、階段の位置で判断します。
もし最寄りの階段が左側にあるようであれば右側に、階段が右側にあるようであれば左側に並ぶようにしましょう。
またホームに並ぶ時、階段に近い列には並ばないようにしましょう。
電車が到着したとき、階段に近いドアには人が集中します。
階段に近いドから完全に乗客が降りた時には、もうその両サイドのドアは乗客が降りきっていて、先に電車内に乗り込んでしまっていることがよくあります。
これからはホーム上での乗客の流れを計算して、電車に乗り込むようにしましょう。
ちなみに駅員たちは、このような乗客の流れを常に計算しているそうです。


人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。