2006年03月14日

電車の車両記号から、車両の構造や設備を見分ける方法


たとえば、10両編成の電車があったとします。
しかし、その10両の車両は、すべてが同じ車両ではありません。
モーターが付いている車両であったり、運転席のある車両であったり。
実は、これらの種類を簡単に見分ける方法があるのです。
このことにより、自分が乗る車両の構造や設備がわかります。
ただしその構造などがわかったからといって、特に得することはありませんが(笑)。
まず、車両に記載されている「車両記号」を見ます。
車両の側面に、「モハ」「クハ」など、意味不明な記号が書かれていると思います。
この記号から識別できます。

最初のカタカナは、車両の構造を表しています。
 「モ」モーターのある車両です。
屋根の部分にはパンタグラフは付い
   いて、電力を動力として、電車を動かしています。
 「ク」運転席、車掌席のある車両です。
一番前や一番後ろの車両で、
   よく見かけます。
 「サ」モーターも、運転席も何もない、普通の車両です。
ただ引っ張
   られているだけの車両です。
 「クモ」モーターがあり、さらに運転席のある車両。
完璧です。

次のカタカナは、車両の設備や客席の種類を表しています。
 「イ」グリーン車より、もっといい客席の車両。
今はほとんど使われ
   ていません。
 「ロ」グリーン車。
 「ハ」普通車。
普段、目にする車両です。
 「ニ」貨物車、荷物車
 「ヤ」実験車両、点検車両
 「ロネ」寝台列車の高級版。
 「ハネ」寝台列車の普通版。

この2つのタイプのカタカナが連なって、車両に表記されています。
たとえば、「モハ」と書いてあれば、「モ」はモーター車両、「ハ」は普通車となり、モーターのある普通車という意味になります。
機会があれば、ぜひ車両記号を探してみて、好みの車両に乗ってみてください。


人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。