2006年03月18日

朝の目覚めをよくする方法

毎朝、すっきり爽快に目覚めるには、どうしたら良いのでしょうか?
目覚めが良い日はそれだけで充実した睡眠感が得られ、朝から頑張ろうという気にさせてくれますよね♪
実はちょっとしたことで、簡単に朝の目覚めをよくさせてしまう方法があるのです。
方法は簡単で、寝る前にできるだけ、外の光が入ってくるように、雨戸やカーテンを開けた状態で眠るのです。
朝、太陽の光が部屋に差し込むことにより、人間は目覚めのタイミングを感知し、自然に無理なく起きることが出来るようになるのです。

またこの方法以外にも朝の目覚めをよくする方法があります。
いつも決まった時間に床に就き、そしていつも決まった時間に起きる。
なのに、どうも目覚めが悪い。
そのような方の場合は、簡単に目覚めをよくさせる方法があります。
それは簡単で、今より少し早く起きるようにするのです。
人間は90分周期でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返します。
目覚めのいい時間は、90分周期でくるため、いつも寝る時間から起きる時間を90分単位で設定すればいいのです。
もしいつも起きている時間が、90分単位になっていないようであれば、90分に合わせるために遅く起きることはできませんので、逆に早く起きるのです。
まずは、起きる時間の設定をしてみてください。
これで目覚めがよくなるかもしれません。

人気blogランキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。