2007年10月29日

女がイクと男の赤ちゃん 女の子が欲しい場合は事前に抜いて薄めておくとよい

「女性がエクスタシーに達すると男の赤ちゃん」男女の産み分け法各種

男子と女子の産み分け法に関して、「性交の際に女性がイクと男の赤ちゃんが産まれる」という可能性を紹介した。
女性の体内は感じて濡れれば濡れるほど、アルカリ性へと変化する。
つまり、アルカリ性に弱いX精子(女の子)は受精しにくくなり、Y精子(男の子)が選択され
遺伝子を引き継ぐ可能性が高くなるというメカニズムだった。
より想像を膨らませると、男が頑張れば、男の子が生まれやすいとも言えそうだ。
確かに周りのカップルを見渡すと、何となく「ああ、なるほどねー」と妙に納得できることはないだろうか。

他にも男女を産み分けるために重要なポイントがいくつかあるとされている

まず、性交を行う時期。女の子が欲しい場合は、排卵日の2〜3日前、男の子が欲しい場合には
排卵日当日がよいとされる。これを実行するには、長期的なバイオリズムの変動をしっかりチェックしておく必要がある

また、男の精液の濃さも大切な要素である。もともと精液にはY精子(男の子)が多いと言われているため
女の子がほしい場合には、精液を事前にいくらか抜いて、薄めておくとよいと考えられる(薄めすぎると、逆に種がなくなるので注意)。

さらに挿入の仕方も関わってくる。挿入は深く、子宮口に近いところで射精すると、Y精子(男の子)が受精できる確率が高くなる。
これは、女性の体内は酸性であるため、酸性に弱いY精子の泳ぐ距離をできるだけ減らそうという作戦である。

以上のような性交の心得(?)を守れば、7割以上の高い確率で、望む性別の精子が受精できると言われている。
ただし、もちろん完璧ではないので、やるだけのことをしたら、最終的には運任せである。
人気blogランキング
この記事へのコメント
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。