2006年03月18日

Yahoo!のカテゴリーでの表示順位を上げる方法

Yahoo!カテゴリー登録につきましては、Yahoo!の検索システムの変更により、ロボット型検索エンジンYSTが基本の検索結果になりました。当情報は旧バージョンを元にした情報です。そのため、一部内容に相違があることがありますので、あらかじめご了承ください。


仮にYahoo!にサイトを登録できたとしても、Yahoo!の中で目立たない場所であれば、検索ヒット数もロスしてしまいます。
そこで、Yahoo!の中でも表示順位を上げ、できるだけ上の方に表示されるようにし、自分のサイトを目立つようにさせる必要があります。
Yahoo!での表示順位は、サイト名で決まります。

優先順位 文字 詳細
1位 数字 0〜9
2位 アルファベット A〜Z
3位 日本語 あ〜ん


つまり、サイト名は数字やアルファベットが優先的に上位表示されます。
例えば、「あんしん商店」であれば、「Anshin商店」の方が先に表示されます。
この点を考慮し、サイト名は考えましょう。
なお、サイト名は、会社名やドメイン名である必要はなく、任意で決めることが出来ます。

人気blogランキング

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ4

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ4!

Yahoo!カテゴリー登録につきましては、Yahoo!の検索システムの変更により、ロボット型検索エンジンYSTが基本の検索結果になりました。当情報は旧バージョンを元にした情報です。そのため、一部内容に相違があることがありますので、あらかじめご了承ください。


実は、Yahoo!への登録はこちらから登録申請をして登録をお願いする方法だけではないんです。
こっちから登録申請をしなくても、Yahoo!側から登録をお願いされることがあるのです。
というよりYahoo!が勝手に登録してくれるのです。
それではどのようにしたらYahoo!から登録をお願いされるのでしょうか。
方法は簡単で、テレビやラジオ、雑誌等に取り上げてもらう方法です。
これらのメディアに取り上げられることにより、Yahoo!側より登録の依頼がくることがあります。
Yahoo!の登録担当者もこのようなメディアには常に気を配っていると言われています。
では具体的にどのようにしたらテレビやラジオ、雑誌等に取り上げてもらうことができるのか?


テレビやラジオ、雑誌等に取り上げてもらう方法!
雑誌や出版社に、プレスリリースを送付する。
パソコン系雑誌を発行している出版社などに、自分のサイトの紹介文などを添えたプレスリリースを送付します。
ネット上にある情報投稿フォームに書込をする。
テレビ局やラジオ、また雑誌など、そのメディアのホームページには、情報を投稿できる投稿フォームが用意されていることがあります。
そこから自分のサイトを売り込みます。
コンテスト等に応募する。


テレビや雑誌の人達も情報収集に励んでいて、ちょうど探していた情報に近いホームページ等があれば、無料で紹介してくれたりするのです。
用はそのタイミングと相手が何を求めているかを探ること。
ただしテレビ等で取り上げてもらうには次のような特徴のあるホームページでないと難しいです。
テレビやラジオ、雑誌等に取り上げてもらいやすいホームページ!


一言で何のホームページだか言えるサイト。
あるジャンル・物に特化しているサイト。
広告がないサイト。


特に2番目の「特化」が必要だと思います。
特化とはそのジャンルだけをとことん掘り下げ、そのジャンルだけは誰にも負けないコンテンツを集めているということ。
一つのジャンルに特徴があれば取り上げられやすいのです。

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ3

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ3!

Yahoo!カテゴリー登録につきましては、Yahoo!の検索システムの変更により、ロボット型検索エンジンYSTが基本の検索結果になりました。当情報は旧バージョンを元にした情報です。そのため、一部内容に相違があることがありますので、あらかじめご了承ください。


どうしてもYahoo!に登録したいのに登録できない。
そんな場合の苦肉の策をご紹介します。

どうしてもYahoo!に登録できない場合の苦肉の策!
サイト推薦するジャンルを全く違うジャンルにしてサイト推薦する。
Yahoo!の場合、サイト登録の担当官はジャンル毎に振り分けられています。
つまり同じジャンルで何度挑戦しても、決定的に何かが変わらないと、同じ人が審査しているので登録はしてくれません。
そんな場合、一度推薦したジャンルと全く違うジャンルで登録してみるのも手です。
つまり担当官を変えるのです。
相手も人間なので、選考基準も多少違っていると思います。
ただしホームページと全く関係のないジャンルに推薦しても、ジャンル相違で登録してくれない場合もあるので、注意しましょう。
ミラーサイトを作ってサイト推薦する。
散々サイト推薦しても登録してもらえないようであれば、別のURLで同じホームページを立ち上げて、推薦してみる方法もあります。
ただしデザイン的に前に申請したホームページと明らかに違っている方がいいですし、ホームページの名前も変えた方がいいかもしれません。
でYahoo!の担当官は同じなので、中身について考える必要があるかとは思います。
Yahoo!モバイルに登録する。

Yahoo!の携帯版、Yahoo!モバイルは以外と登録しやすいです。
もし携帯版のホームページであれば、こちらに登録することをおすすめします。
携帯版のホームページは基本的には、通常のYahoo!には登録できないようです。
登録申請は、Yahoo!モバイルのページ内にあり、目立ちづらいのですが、探してみましょう。
ちなみにアクセス数向上はあまり期待しない方がいいかもしれません。

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ2

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ2!

Yahoo!カテゴリー登録につきましては、Yahoo!の検索システムの変更により、ロボット型検索エンジンYSTが基本の検索結果になりました。当情報は旧バージョンを元にした情報です。そのため、一部内容に相違があることがありますので、あらかじめご了承ください。


Yahoo!にサイト推薦するときに、ホームページの説明文を入力します。
ここでも簡単なコツがあります。
それは、Yahoo!の担当官に手間を掛けないような説明文を考えてあげることです。
こちらが入力した説明文を、Yahoo!の担当官はYahoo!に掲載できるよう修正をします。
その修正する手間が少なければ少ないほど、担当官は楽ですし、心理的に登録許可しやすいと思います。
これは私的な意見ですが、私の場合、サイト推薦した時の説明文がそのまま使われることが多いです。
ではどのような説明文がYahoo!仕様なのか?
それは簡単で、すでに登録されているサイトなどの説明文を参考にして、時にはまねして、説明文を作成するのです。
すでに登録されている同じジャンルのサイトやライバルのサイトなどを参考にします。
下記に、良い例と悪い例を紹介しています。
良い例はいわゆる「Yahoo!仕様」です。
悪い例は一般的なサイト推薦文です。

良い例 枕の選び方、素材、種類の説明。
睡眠への効用、販売店リンク集等。

悪い例 枕のすべてが集まる総合ポータルサイト。
枕の豆知識や健康学はもちろんのこと、枕だけのショッピングモールやランキング、さらには掲示板やチャットなど、枕コンテンツ盛りだくさんのサイトです。

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ1

Yahoo!のカテゴリーに無料で登録するためのコツ1!

Yahoo!カテゴリー登録につきましては、Yahoo!の検索システムの変更により、ロボット型検索エンジンYSTが基本の検索結果になりました。当情報は旧バージョンを元にした情報です。そのため、一部内容に相違があることがありますので、あらかじめご了承ください。


これが一般的にYahoo!への登録方法です。
Yahoo!のホームページにはサイト推薦のページか予め用意されています。
ただし登録は急ぐ必要はありません。
まずサイト推薦時のコツをご紹介しますので、これらを確実に実践し、完璧になった状態で、推薦をするようにしましょう。
Yahoo!のカテゴリーに登録するためには、充分に準備が必要です。

Yahoo!にサイト推薦する前の下準備と確認事項!
完全にホームページが完成し、ある程度運用してからサイト推薦をする。
工事中やリンク切れなどは論外です。
Yahoo!以外の他の検索エンジンには登録しておく。
できるだけ有名検索エンジンに。
広告を入れない。
どうしても入れる際は、目立たないところに入れる。
違法性が少しでもありそうであればそのページは外す
(ここを重点的に見ている)
テーマを明確にする。
テーマから外れないようにする。
(コアを持ち、特化する)
リピーターがくるようなコンテンツを作る。
(掲示板やその他のコンテンツ)
信頼性を高める。
(所在地・連絡先の表示、スタッフの紹介、雑誌掲載履歴等)
デザインも重要だが、使いやすさの方が重要。
トップページにインパクトを与える。
javaスクプリトは多用しない。
ブラクラ等の原因になるため。
10 サイト推薦文をYahoo!仕様に書く。
(詳細は別紙)

携帯モバイルサイトをSEO対策して上位表示させる方法

最近ではモバイル用サイトを検索対象としたロボット型検索エンジンが登場してきています。
実際には、検索順位を決定するアルゴリズムの確立は、PCサイトに比べれば、まだ未熟ではありますが、その技術革新はめざましいモノがあります。
ということで、いち早く、モバイル用サイトのSEO対策をご紹介します。

【ページタイトルとの一致】
ページタイトルと検索キーワードの一致率を読みます。
これは100%一致すればいいという訳ではなく、「適度」というのが現状です。
この基準は、検索エンジンごとに異なっているようです。

【本文との一致】
内容と検索キーワードが一致するかを読みます。
検索されたキーワードが必ず本文内に含まれていることが必要です。

【検索窓設置】
その検索エンジンの検索窓が設置されていることにより、ポイント加算されることがあります。
基本的に、A検索エンジンでの表示順位を上げたければ、A検索エンジンの検索窓の設置が必要になります。

【絵文字の認知】
携帯電話特有の絵文字が含まれているかを読みます。
基本的にはコードを読みます。

【半角カタカナの優遇】
半角カタカナが文中に含まれていることにより、モバイル用サイトとして認識し、ポイントを加算します。

【8文字改行の優遇】
全角8文字で強制改行が含まれているページの場合、モバイル用サイトとして認識し、ポイントを加算します。

なお、上記の内容はすべての検索エンジンで共通して導入されている訳ではありませんので、あらかじめご了承ください。

SEOに有効的なWEBを作る方法7


1つのページのボリュームを増やす。

とにかく、1ページ内にあるテキスト文章の量を増やします。
大げさに言えば、5ページくらいに分かれているようなページを一つにまとめてしまうのです。
1ページにテキスト情報が多い分、そのページが検索でひっかかる確率は多くなります。
あからさまにテキストを多く集めて、表示しても、ただ読者には読みづらいだけの印象を与えてしまうので、ほどほどにする必要はありますが、中途半端にページ数を多くするよりは、ページをまとめて、充実したページを増やすべきです。
また掲示板があるようであれば、その掲示板の書き込み内容を、コピーなどして、ホームページに貼り付けをしてテキスト武装しましょう。
掲示板の場合、その書き込み内容はgoogleの検索対象にならないことがほとんどです。
これはCGIという技術を利用したページになるため、
検索の対象外となってしまうのです。
これほど貴重なテキスト資源を無駄にすることがないように、
自分で掲示板の過去の書き込みというコンテンツとして
ホームページ上にアップすることをお勧めします。
これと同じような考えで、メールマガジンも、発行した内容はバックナンバーとして、自分のホームページに公開するようにしましょう。
多少手間がかかるかとはおもいますが、
メールマガジン発行サイトのバックナンバーシステムを利用せず、自らの力で自分のホームページ内に、新たにバックナンバーのページを追加するようにしましょう。


SEOに有効的なWEBを作る方法6



重要なキーワードのみ、テキストの文字サイズを大きくする。

ページのタイトル等で使われているような重要なキーワードを、本文では目立つように、文字サイズを大きくします。
たとえば、下記のように特に強調したいキーワード(裏技)だけを普通より大きく表示させるのです。

例→楽しい裏技・裏情報!

SEOに有効的なWEBを作る方法5


画像にAltタグを付ける。

これは、画像一つ一つにテキストで名前を付けることです。
代替テキストとも呼ばれています。
もし画像が表示できない場合には、ここで付けた名前が替わりに表示されます。
また音声読み取りソフトなどを使った場合、ここに入れた文章も読み上げの対象になるため、盲目の人でも理解できるWEBになります。
このように、誰にでも優しいWEBは、今後もいろいろな面で有利になります。
またこのAltタグは、googleの検索対象に入ります。

そしてここからが裏技。
普通であれば、代替テキストの意味合いが強いAltタグですが、例えば、傘の画像であれば、そこには「傘」と、一言だけしか代替テキストを入力しないことも多いのですが、ここで、この傘の説明文も含め、かなり長い文章で入れると効果的です。
表示では、ただの画像ですが、ソースでみれば、充分なテキストを含むページになるのです。
1つの画像に最低でも30文字程度。


SEOに有効的なWEBを作る方法4


サイト全体の画像を減らし、テキスト文章を増やす!
画像(gifやjpeg)、動画(Flash)などは検索対象になりません。
googleなどのロボット型検索エンジンは、テキストの文字を検索対象とします。
つまりテキストの文字が多ければ多いほど、検索に引っかかる確率は上がるわけです。
主要なページでは画像や動画は控えめにしましょう。


SEOに有効的なWEBを作る方法3

metaタグを入れる。

HTMLソースを表示させ、descriptionとkeywordsというのを追加します。
descriptionというのは、ページの説明文。
keywordsというのは、ページのキーワード。
これらのmetaタグを入れても、ホームページには反映されず、普通にホームページを見ているだけでは表示されることはありません。
このdescriptionとkeywordsそれぞれに、タイトルで使ったキーワードを入れる必要があります。
具体的な挿入タグは次のとおりです。




このようなHTML記述を追加するだけです。


なお、このような記述をどこに入れるかは、このページをソース表示にして確認してください。
上から4行目に記述されているはずです。
ソースは、インターネットエクスプローラの画面で、「表示」→「ソース」で見ることができます。

SEOに有効的なWEBを作る方法2


ページの最初にテキストで、タイトルと同じキーワードを入れ、重複させる。

タイトルで使ったキーワードを、そのページの一番最初のテキスト文章で、再び使うようにします。
例えば、ページのタイトルが「傘の専門販売店」であれば、ページの本文の最初に、「当店はいろいろな傘を集めたお店です。
雨傘はもちろんのこと、日傘やパラソルまで、幅広く取り揃えております。
」とのように、「傘」というキーワードを重複させます。
また出来る限り画像ではなく、テキスト文章を多用するようにしましょう。
画像の場合は、googleの検索対象に入りません。

SEOに有効的なWEBを作る方法1

ページのタイトルにキーワードを入れる!
1ページごとに、そのページのタイトルを入れることが出来ます。
HTMLソースを表示した場合、

 

という書き出しがあり、その中に検索されたいキーワードを入れておきます。
ページが複数ある場合も、それぞれのページに、それぞれのタイトルを入れるようにすると効果的です。
例えば傘を販売するサイトであるならば、ページのタイトルに、「傘の専門販売店!」のように、傘というキーワードを入れます。
なお、ここのタイトルにに入れた文字が、googleでの検索結果で表示されるページの「タイトル」になります。
できるだけ、ページの内容がわかるような内容にしましょう。

ここからが裏技。
このタイトル。
できるだけ短い方が有効です。
例えば、傘の販売サイトであれば、だらだらと「高級な傘を豊富に揃えた傘のお店」と入力するよりも、「傘の販売店」のように、単刀直入に入れるのです。
タイトルは長く入れなくなるのですが、できるだけ抑えるようにしてみましょう。
またタイトルに単語一つだけを入れるのであれば、特に考える必要がないのですが、タイトルが長くなる場合、重要となるとキーワードはできるだけ近くに置くようにしましょう。
キーワードが離れすぎていると、近接度が下がります。

SEOに有効的なキーワードを簡単に選定する方法


検索エンジンで、キーワードがどのくらい検索されているかの目安と、そのキーワードと一緒に調べられているキーワードを調べる方法があります。
この方法を使えば、検索数が調べられ、キーワードマーケティングにも役に立ち、検索エンジン対策やキーワード対策に有効です。
例えば、「裏技」というキーワードがgoogleでどのくらい検索されているを調べます。
数値で表すと、
「裏技」→550
「裏ワザ」→15
「ウラワザ」→9

つまり、漢字で検索している人が多いというのがわかります。
また「裏技」というキーワードと一緒に入力されたキーワードで多いのは、
「裏技 ゲーム」
「裏技 携帯」
「裏技 携帯電話」
「ゲームの裏技」
「携帯裏技」
「ロックマン 裏技」
などなどです。
一つのキーワードについてこれだけの検索された情報を入手することができます。

それも無料です。
実は楽しい裏技・裏情報!ではこの方法を使い、アクセスを集める工夫をしています。
上記をみていただければわかると思いますが、裏技と一緒に検索されることが多い単語は「携帯電話」なのです。
つまり裏技と携帯で検索されたときに、楽しい裏技・裏情報!が検索されやすいようにしています。
Yahoo!で裏技と携帯電話で検索すれば、筆頭に出てきますし、googleでも1頁目に表示されます。
つまりある程度キーワードのマーケティングを行えば、それなりにアクセスの誘導は可能だということなのです。
それではその調べる方法をご紹介します。
方法は簡単です。
下記サイトでそれぞれ調べられます。

【Google】
https://adwords.google.co.jp/select/?hl=ja

【Yahoo!】
http://inventory.jp.overture.com/d/searchinventory/suggestion/

これは、広告出稿時にキーワードの選定材料にしてもらうためにGoogleやYahoo!が提供している分析ツールですが、これは広告主でなくても、利用できてしまうのです。
ここでキーワードの見積もりをすれば、ある程度の1日の検索ヒット数がわかりますし、キーワードアドバイスを選べば、関連キーワードがズラズラ出てきます。
ぜひ皆様も利用して、アクセス数を集めてみてください。


自分のページランクを調べる方法


SEO対策=google対策。
googleでの表示順位を上げるために対策を進める必要があります。
googleでは、ページごとに点数評価をして、ランク付けをしています。
この点数評価はgoogleツールバーをインストールして、ページランクを表示することにより、調べることができます。
http://toolbar.google.com/intl/ja/
ページランク4は最低限、ページランク5まで行けば上々、ページランク6まで行けば大成功です。
一般的な個人サイトや法人サイトの場合、ページランク1〜3の場合が多く、ページランク4まで上がれば、たいていのサイトより上位表示になります。
まず、ページランクを確認できる環境を作ります。

SEOを有効に使いアクセスも売上も増やす方法!(はじめに)!


SEO(検索エンジン最適化)とは、ロボット型検索エンジン、特にYSTやgoogleで、検索結果表示を上位に表示するための最適化作業です。
例えば、傘を販売しているネットショップにアクセスを誘導するには、検索エンジンで見つけてもらうことが大切になります。
特にYSTやgoogleで見つけてもらうには、傘で検索された時に上位に表示される必要があります。

実は、YSTやgoogleで表示順位を上げるということは、意外にも簡単なことなんです。
1位や2位は、相当な努力が必要かもしれませんが、1ページ目に表示されることは、最低限の努力をすれば可能です。
もちろん検索結果で1位や2位も狙うことは可能です。
それはなぜか?
その答えは簡単です。
相手がコンピュータだからです。
つまりコンピュータの仕組みさえしってしまえば、いくらでも対策ができてしまうわけです。
ノウハウを持っている者が勝てる世界なのです。

もし傘というキーワードで検索をして、1位や2位を取ることができたら。
売上は必ず上がるでしょう。
もちろん獲得する側のホームページに魅力がないと、いくら集客をしても、無駄になってしまいますが、最低限のアクセスは集まります。
少し大げさになるかもしれませんが、このSEOを制すことができれば、ネットショップであれば、何の商売、何を販売しても、有利にすることができてしまいます。
さて、まず最初に。
私の運営しているサイトをご紹介します。
実際にYSTやgoogleで何番目に表示されているかを皆様でお確かめください。
1つの語句で検索しても上位表示されます。
 
サイト名 絞り込んだキーワード googleで検索する
枕の総合ポータルサイト『ぴろコレ!』 「枕」で検索する
楽しい裏技・裏情報! 裏技 「裏技」で検索する
良番人 良番 「良番」で検索する

複数の語句で検索すれば、他にも1位になるものもは数え切れないほどあります。
1つの語句で上位になる。
それもメジャーな語句で。
順位は変動するため、固定的ではありませんが、1位〜3位内には必ず入ります。

またここでは具体的に例を挙げることはできませんが、私がコンサルタントをした企業4社は、すべて絞り込んだキーワードで表示順位3位以内に入っています。

つまり、やればできるのです。

それではやりましょう。
まず、一般的で最低限のSEOテクニックをご紹介します。
もちろんこれでもある程度の順位は上がりますが、これだけでは1位や2位というのは、なかなかとれません。
それは他の会社も同じようなことを行っているからです。
ではさらにプラスα。
それが裏技です。
最低限のSEOテクニック+裏技。

ここではわかりやすいように、一つ一つ分けてご紹介しています。



googleとは?

googleは、Yahoo!と並んで、自分のサイトの検索数を上げるために必要不可欠な検索エンジンです。
googleは、Yahoo!と違い、誰でも簡単にサイトを登録することができます。
しかし、googleは膨大なページを検索してしまいます。

例えば、「傘」という語句で検索すると、
Yahoo!カテゴリの場合 65件が検索されます。

googleの場合 507000件が検索されます。

これだけのページが検索されると、その検索結果の中から、自分のサイトが発見されることは確率的にも少なくなります。
つまり、その膨大な検索結果の中から、自分のサイトが一番目立つように、検索結果として表示されるページの表示順位を上げればいいのです。
やり方次第では検索結果の1ページ目に、自分のサイトを表示させるようにすることは可能なのです。

その理由は、
googleは、ロボット型の検索エンジン つまり、機械の手でサイトの内容を審査し、ランク付けをする。

つまり、
コンピュータが自動的にサイトの登録を受け付ける。
ある程度の細工と手間をかければ、検索数を上げることが出来る。

では、どのようにしたら、このgooleの表示順位を上げることが出来るのか?
これらを具体的にご紹介します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。