2006年03月19日

自分のメールマガジンが検索されやすくする方法

何万ものメールマガジンが存在する中で、自分のメールマガジンを目立たせるのは大変難しいことです。
メールマガジン発行スタンドでは簡単にメールマガジンを検索できるように検索窓が設けられていますが、そこに入力されたキーワードから、自分のメールマガジンが検索されるようにしなくてはいけません。
ここで検索されやすくするには、ちょっとしたコツがあります。
それは、メールマガジンのタイトルと説明文にそのヒントはあります。
これらの検索は、メールマガジンのタイトルと説明文から、キーワードを検索しているのです。
つまりメールマガジンのタイトルと説明文に、検索されやすいキーワードをできるだけ埋め込む必要があります。
まぐまぐの場合、メールマガジンのタイトルは25文字、説明文は100文字まで入力することができますので、できるだけフルに文章やキーワードを入れるようにしましょう。
またちょっとした裏技ですが、まぐまぐの場合、タイトルと説明文で、合計125文字入りますが、もしどうしてもちょっとした一言を入れたいときには、「発行周期」の欄を使いましょう。
検索の対象にはなりませんが、自由にコメントを記入できますし、またメールマガジン紹介のページにも表示されるので、ちょっとしたアピールにもなります。
人気blogランキング

発行前に決まる!?創刊号から読者数をたくさん集める方法


普通であれば、創刊号が発行されて、徐々に読者数が増えてくるものでありますが、創刊号の発行前に、あることをすれば、読者数は創刊号の発行前にもかかわらず大幅に増やすことができてしまうのです。
たくさんのメールマガジン読者数を集めるには、実は創刊前が一番大切で、創刊号発行前にその運命のほとんどが決まると行っても過言ではないのです。
それでは一体何がその運命を左右するのか?
それは、まぐまぐが発行する「ウィークリーまぐまぐ」の新作メールマガジンの読者数ランキングで、紹介してもらえるか、もらえないかにかかっているのです。
このウィークリーまぐまぐの読者数は莫大です。
何百万人もの人に配信されているウィークリーまぐまぐに紹介されれば、一気に読者数を増やすことが可能なのです。
それも無料で。
とにかく、新作メールマガジンのランキングの集計が終わるときまでにたくさんの読者数を確保し、ランキングに掲載されることが大切になるのです。
基本的に申請日から19日後に集計され、ベスト10に入ると、ウィークリーまぐまぐで紹介してくれます。
またベスト3までに入れば、メールマガジンのタイトルに紹介文付で紹介してもらえます。
ベスト1になれば、さらに豪華な特典があり、読者数400万人規模の「ウィークリーまぐまぐ総合版」内で紹介してもらえます。
とにかくスタートダッシュが肝心。
では、具体的に創刊前から読者数を増やす方法をご紹介します。

メールマガジンの発行をしていれば、そのバックナンバーを読んだ読者が集まってくれたりしますが、創刊号ではそのようなバックナンバーも存在なく、また大きな宣伝手段もないのが通常です。
しかしながら、メールマガジンによっては、創刊号までに読者を2000人くらい集めているメールマガジンもあるのです。
これだけの読者が最初から集まれば、「ウィークリーまぐまぐ」などでも紹介されるので、さらに読者数は増えるという好循環になります。
では一体どのようにして、最初からこれほどたくさんの読者を集めるのか?

その多くで使われているのが、代理登録です。
これは読者が自分でメールマガジン登録をするのではなく、発行者があらかじめ了承を得た読者の方のEメールアドレスを収集し、まとめて創刊時に代理登録をするのです。
あらかじめ了承を得た読者とは、例えば、メールマガジンの発行前に、独自でメールマガジンを発行して、独自にEメールアドレスを収集。
そして、その後、メールマガジン発行のシステムを「まぐまぐ」に移行するという名目で、「まぐまぐ」に代理登録するのです。
これであれば、創刊時から一気に読者数を増やすことが出来ます。
このほか、まぐまぐ以外のメールマガジン発行スタンドである程度メールマガジンを発行し、読者が集まった時点で、すべてまぐまぐに移行するような方法もあります。
ただし代理登録をする際は、読者の了承を必ず得る必要があります。

なお、余談ではありますが、代理登録に可能なダミーのEメールアドレスなどは、販売しています。
検索していただければ見つかると思いますので、ご利用してみてください。
人気blogランキング

新作メールマガジンの中で上位に表示させる方法

まぐまぐでは、メールマガジンの登録申請をして、受付されると、一定期間、新作メールマガジンのコーナーで紹介してもらえます。
このコーナーは、驚異的なアクセス数を誇る「まぐまぐ」のトップページからリンクをはられているため、創刊間もないメールマガジンにとっては恰好の宣伝場所になります。
しかし、毎週毎週たくさんの新作メールマガジンが出来上がってくる中で、特に自分のメールマガジンを目立たせるのは、簡単なことではありません。
でもちょっとした方法で、新作メールマガジンのリストの中で、一番上に表示させることができてしまうのです。
実は、新作メールマガジンの表示順位は、申請順になっています。
毎週月曜日の深夜0時からスタートして、日曜日の23時59分までが受け付けの一区切りになります。
つまり、メールマガジンの申請をするのは、月曜の深夜0時を過ぎてから行った方がいいということになるのです。
またホームページ以外でも、「ウィークリーまぐまぐカテゴリー版」で新作メールマガジンの紹介をしてくれますが、ここで紹介される順位も、この申請順になるのです。
人気blogランキング

好まれるメールマガジン、嫌われるメールマガジン

こんなメールマガジンは好まれる。
読まれる。


1 新しい新鮮な情報がある。

2 独自の情報がある。

3 広告がない。

4 自分のお店のプレゼント情報やメールマガジン読者限定の特典がある。

5 バックナンバーが読める。
バックナンバーが有料。

6 編集後記や店長の一言など、人間的な味がある。

こんなメールマガジンは嫌われる。
読まれない。


1 広告ばかりある。
広告が多い。
広告がある。

2 どこにでもある情報ばかり掲載されている。
古い情報が多い。

3 発行回数が多すぎる。
1週間に2回以上発行する。


メールマガジンを活用することにより、固定客やファンを作ることができます。
継続的に購読してもらうことができれば、継続的にキャンペーン情報やお買い得情報をお届けすることができます。
これらの読者を継続的に購読してもらうには、メールマガジンを読んでいることにより、限定的に得することができる情報、たとえば読者限定などの特典を付けたり、先行発売など、読者を会員として扱い、優遇の姿勢を見せることが大切です。
また読者の声を反映できるメールマガジンも読者を継続的に確保する手段の一つです。
広告は入れるべきではありません。
他社の広告は、例えバックマージンが高くても入れるべきではありません。

さぁ、それではメールマガジンを発行してみましょう!
人気blogランキング

メールマガジンを上手に発行する方法

メールマガジンとは、雑誌のEメール版で、希望する読者に情報を配信するものです。 このメールマガジンは、使い方によってはホームページへのアクセス誘導が期待できます。 メールマガジンのいいところは、DM等に比べ、コストが安いことが挙げられます。 基本的に費用はかけずに発行することは可能です。 発行方法は次のとおりです。
無料のメールマガジン発行サイトを利用する。

「まぐまぐ」などの無料でメールマガジンを発行するシステムを利用できるサイトがいくつか存在します。
これらを使えば全く費用をかけずにメールマガジンを発行することができます。
メールマガジン発行ソフトを使う。

メールマガジンを発行するための専用ソフトが存在します。
市販されている価格で1万円〜5万円程度。
顧客管理ソフトを使う。

最近の顧客管理ソフトには、メールマガジン発行ソフトが付属していることが多く、顧客管理と同時にメールマガジンでのメンテナンスが可能になっています。
人気blogランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。